202201.27Thu.

存在自体が一つのジャンル。現在進行形で世界から高い評価を受けるデイヴィッド・ホックニーの作品オーナー権を1月27日(木)より販売開始。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都港区、代表取締役CEO:松園詩織)は、現在進行形で世界から高い評価を受けるデイヴィッド・ホックニーの《Pool Made with Paper and Blue Ink for Book, from Paper Pools (M.C.A.T. 234)》のオーナー権を1月27日(木)12:00PMより販売いたします。

  • 販売作品の紹介 <作品情報>

・タイトル 《Pool Made with Paper and Blue Ink for Book, from Paper Pools (M.C.A.T. 234)》
・アーティスト デイヴィッド・ホックニー
・作品価格 ¥9,800,000
・制作年 1980年
・エディション 921/1,000
・出品元 Private Collection

作品詳細ページ https://and-art.jp/works/42
一般販売開始日 1月27日(木) 12:00PM

  • 作品解説

ホックニーの最高傑作のひとつに数えられ、印象派のモネに通じる、移ろう光の探求を表現した「Paper Pools」シリーズ
本作は、ホックニーの代表的なモチーフであるスイミングプールを描いた作品です。ホックニーは、1964年、初めてカリフォルニア州を訪れました。その際、至るところにスイミングプールが設置されていることに驚き、繰り返しスイミングプールを描くようになります。降り注ぐ光によって刻々と移ろう効果をとらえようとする姿勢は、印象派のクロード・モネが「積み藁」や「ルーアン大聖堂」の連作をとおして行った探求を想起させます。
なお本作と同シリーズのリトグラフ作品は、昨年12月に行われたロンドンのボナムズオークションと日本で行われたマレットジャパンオークションでも、落札額トップ5へランクインを記録しています。

▶︎ より詳しい解説はこちら
https://media.and-art.jp/art-studies/hockney_paperpools/
※ 詳しい市場情報やオークション落札実績などのデータは、無料の会員登録後にご覧いただけます。

  • アーティスト解説 デイヴィッド・ホックニー

デイヴィッド・ホックニー(David Hockney)
イギリスのポップ・アートムーブメントを牽引し、80歳を超えた今も旺盛な探究心で絵画制作を続ける、20世紀の現代美術を代表するアーティスト
デイヴィッド・ホックニーは1937年7月9日、イギリス・ブラッドフォード出身で、20 世紀の現代美術を代表するアーティストの一人です。ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン王立美術大学)在学中にイギリスのポップ・アートシーンの立役者、ピーター・ブレイクと出会い、共に「若手現代芸術家展(Young Comtemporaries)」に出展するなど、早くからその才能を表すようになりました。また在学中にはロナルド・B.キタイらと同期であったこともあり、1960年代のイギリスのポップ・アートムーブメントを牽引した人物として、アートシーンから高い評価を受けています。

  • ANDARTについて

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品のオーナー権を1万円から購入/売買ができる、日本初のアート作品の共同保有プラットフォームです。オーナー権とは、各アート作品の共有持分権(所有権)であり、オンライン上でのコレクションや実物作品の鑑賞機会など様々な優待を受けられます。2019年のリリース以来41作品の販売を行い、会員数は17,000名を突破。2020年、日経トレンディのスタートアップ大賞にて第3位を受賞。2021年9月13日に2.8億円の資金調達を実施。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」
▶︎ https://and-art.jp/
公式Twitter
▶︎ https://twitter.com/ANDART_official
公式instagram
▶︎ https://www.instagram.com/andart.jp/
公式LINE
▶︎ https://lin.ee/9D9a6rI