202202.01Tue.

売り手から希望価格でオファーが可能に。アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」で指値売却機能導入。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都港区、代表取締役CEO:松園詩織)は、会員間取引におけるオーナー権の指値売却機能を導入いたしました。買い手と売り手が相互にオファーを出せるようになることで、活発な会員間取引を促進し、より多くの作品との出会いを創出いたします。

  • 会員間取引での指値売却機能の導入について

これまでの会員間取引では買い手が売り手(現オーナー)へオファーを出し、売り手が承諾することで取引が成立していました。今回の機能実装により、新たに売り手からも希望価格で売却オファーが出せるようになります。売り手から指値で売却オファーが可能になり、保有しているオーナー権を希望価格で売却しやすくなりました。

売り手からも売却オファーが出せることで、オーナー権の活発な売買を促進し、より多くの作品を保有できるきっかけを提供します。

※ 指値:希望する売買価格を指定して発注する方法

売却オファーの出し方

①マイページの作品より、「売る」を選択。
「希望価格で売却」を選択、売却価格を設定
※事前に口座情報と本人確認を済ませておくとスムーズです。

②オファー内容の確認

③オファー完了

実際に会員間取引をしたオーナーの声

・50代 会社員
お金だけではなく駆け引き要素があることも魅力です。
アート作品を売り買いできる体験そのものを楽しんでいます。

・30代 会社員
思ったよりも利益を得ることができて驚きました。
投資という切り口でもアートを楽しむことができています。

・過去に会員間売買で利益を出した方の例
https://media.and-art.jp/campaign/andart_buyandsell_vol-2/

ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品のオーナー権を1万円から購入/売買ができる、日本初のアート作品の共同保有プラットフォームです。オーナー権とは、各アート作品の共有持分権(所有権)であり、オンライン上でのコレクションや実物作品の鑑賞機会など様々な優待を受けられます。2019年のリリース以来41作品の販売を行い、会員数は17,000名を突破。2020年、日経トレンディのスタートアップ大賞にて第3位を受賞。2021年9月13日に2.8億円の資金調達を実施。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」
▶︎ https://and-art.jp/
公式Twitter
▶︎ https://twitter.com/
ANDART_official 公式instagram
▶︎ https://www.instagram.com/andart.jp/
公式LINE
▶︎ https://lin.ee/9D9a6rI