201912.03Tue.

2019年12月3日より銀座蔦屋書店にて名和晃平『Throne』展示決定のお知らせ

2019年12月3日(火)から2020年4月末まで、銀座 蔦屋書店(GINZA SIX 6階)にて当社サービスが共同保有する名和晃平『Throne』を展示いたします。

ANDART
※展示イメージ(実際の展示場所とは異なります)

2019年7月にANDARTでは、日本人として初めてフランス・パリのルーヴル美術館のピラミッド内での作品展示を叶えた現代アーティスト名和晃平による大型作品『Throne』のエディション版のオーナー権を販 売いたしました。この度の展示では、銀座蔦屋書店内に『Throne』を一般公開いたします。ANDARTでは、ひとつの作品を複数のオーナーが共同保有という形で分割して保有していますが、保管・展示場所に ついては特定のオーナーに限定せずこのようなパブリック空間での展示を企画することで、オーナーの皆さまに対して個人では実現の難しいプレミアムな空間での作品展示の機会を提供するとともに、多くの人が一流の作品に触れられる機会を創ることを目指しています。他作品の展示について決定しているものもございますので、順次発表してまいります。また、展示先拡大に向けて今後も尽力してまいります。

■ Throneについて
日本人アーティスト名和晃平によるシリーズ。2018年、日本人で初めてルーブル美術館内ガラスピラミッドで展示された空位の玉座【 Throne 】。ルーブル美術館で展示された作品は10メートルを超える大作として展示されたが、今回はeditionとして高さ1.5mサイズを世界で10点限定で制作されたうち、Edition2をANDARTで共同保有中。

ANDART

東洋の神事・祭事に登場する「山車」や「御輿」などの造形を参照しつつ、最新の3D造形システムと紀元 前にエジプトで始まったと言われる金箔貼りの技法を融合させて彫刻化した。正面中央部には2~3歳の子供がやっと座れるほどのスペースが設けられ、新しい知性はまだ幼い状態であることが示唆される。また、前面と背面の中央にはそれぞれひとつずつ、鏡面状に輝く球体が配されている。このプラチナ箔製の球体は「世界を見据える目」であり、正面は現在や未来を、背面は過去を見据えている。これはイオ・ミン・ペイ氏設計のピラミッドとルーブル美術館の建築にも関係している。

■ ANDART保有の『Throne』特別展示について
展示期間:2019年12月3日(火)~2020年4月末(予定)
会場:銀座 蔦屋書店内カフェ

銀座 蔦屋書店

是非お越しください。