201912.10Tue.

2019年12月9日より虎ノ門ヒルズ内にて名和晃平『Direction#182』展示開始のお知らせ

2019年12月9日(月)からモダンフレンチレストラン「sanmi」(虎ノ門ヒルズ2階)にて当社サービスが共同保有するアート作品である、現代アーティスト名和晃平によるペインティング作品『Direction#182』の展示を開催いたします。共同保有アート作品をパブリックな空間に展示することは日本でも初の事例であり、この度の展示は銀座 蔦屋書店での『Throne』展示(※2)に次ぐ第二弾の試みとなります。

※2 2019年12月3日(火)から2020年4月末まで、銀座 蔦屋書店(GINZA SIX 6階)に共同保有する名和晃平『Throne』を展示。

■ 『Direction#182』特別展示 概要

ANDART

・展示開始:2019年12月9日(月)より
・会場:虎ノ門ヒルズ内 モダンフレンチレストラン「sanmi」
    〒105-6302 東京都港区虎ノ門一丁目23番3号 虎ノ門ヒルズ森タワー2階
・展示箇所:店内スペース
・ANDART会員特典:オリジナルカクテル1杯無料

※店外からも作品はご覧いただけます。また、レストランのご利用がない方でも、レストランレセプションでお声がけいただければ店内で作品を鑑賞することが可能です。
※2019年12月9日(月)〜2020年1月29日(水)はsanmiプレオープン期間となりますが、2020年1月下旬のレストランオープンに先駆け、レストランエリアを一般開放し、名和晃平『Direction』をいつでもご覧頂けます。

■ 『Direction#182』について

ANDART

Directionは日本人アーティスト名和晃平によるペインティングシリーズ。キャンバスの上端から降下する漆黒のインク顔料が、点・線面を構成する大型の作品。15度傾かせた約3メートルの大型キャンバスの上を動粘度を調整したインクがゆっくりと流れ落ち、インクの運動と速度を規定する”重力の存在”が可視化される。バイナリーコードのようなモノクロームの反復は、顔料がひとつの方向に向かう運動の痕跡であり、強いコントラストをもつ自律的な階調を刻んでいる。

2011年の登場以来ビッグコレクターにもコレクションされ、有名施設での展示もされている「Direction」は、同じ作品が複数存在するエディション作品ではなく一点もので、彫刻作品とは異なる名和晃平の魅力を楽しめる代表的ペインティングシリーズのひとつと言える。

このたび展示する『Direction#182』のオーナー権については、2019年8月に販売開始後、一日でオーナー権が完売する人気作品となっております。オーナー向けの優待として、作品オーナー権を保有する会員向けに特別優待を予定しております。

■ モダンフレンチレストラン「sanmi」について
ANDART

2018年3月3日に赤坂にオープンした酸味の概念に重きを置いたモダンフレンチレストラン。『酸味』・『三味』・『三位一体』の3つのコンセプト。クラウドファンディング「Makuake」での会員募集では飲食部門資金調達記録1位(※3)となる3,672万円を調達。3年連続で2つ星に輝いたフランスの『Le Pré Xavier Beaudiment 』にて部門シェフを経験した玉水正人、自然派ワイン業界のパイオニアであるオザミグループで研鑽を積んだオーナーソムリエの野口良介氏、ペアリングの名店 珀狼にてノンアルコールペアリング・ウォーターペアリング・ティーペアリングと様々なオリジナルドリンクで魅了したシェフソムリエ松澤豪。3人がタッグを組んで織り成すモダンフレンチのレストラン『sanmi』。

2019年12月9日に虎ノ門ヒルズ2階にRestaurant・bar・wine Loungeの103席の大規模店舗として移転、プレオープンいたします。2020年1月下旬にレストランをオープン予定。2019年12月9日〜2020年1月29日のレストランエリアを一般開放し、名和晃平『Direction』をいつでもご覧頂けます。

※3 クラウドファンディングサービス「Makuake」にて飲食部門資金調達額1位を記録

» モダンフレンチレストラン「sanmi」公式サイト

<モダンフレンチレストラン「sanmi」コメント>
アートは哲学と美学の塊。人生の軌跡を表すものだと考えておりますが、それに魅了される方々も常に細部にこだわり、仕事やライフスタイルを向上させようとしている精神的に豊かな方が多いと思います。私達、レストランもワイン・料理・酒器・器・空間・ペアリングと全てをアートと捉えております。
そんな中、絵画というアートエッセンスを気軽に取り入れることが出来る今回のANDART様の取組みは素晴らしいコンテンツです。アートを日常に楽しむ文化性が日本にもっと根付くことによって国自体が活性化すると考えます。

ANDARTでは、共同保有アート作品のパブリック空間での展示を通じて、オーナーの皆さまに個人では実現の難しいプレミアムな空間での作品展示の機会を提供するとともに、多くの人が一流の作品に触れられる機会を創ることを目指しています。今後も「日本中をみんなの美術館に」という想いのもと、展示先の拡大に向けて尽力するとともに、より多くの方々がアートに触れる機会を創出してまいります。

この機会に是非ご来場ください。