202005.29Fri.

アート共同保有の「ANDART」、初回販売の先着30名に”作品が届く”特別優待付きの新作を6月上旬販売決定!~名画とサブカルチャーのリミックスで人気上昇中・森洋史のオリジナル原画作品~

株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、⽇本の古典美術・ポップアート等の美術史上の名画とアニメやゲームから引⽤したイメージをリミックスした独自の技法で素材を操るアップカミングアーティスト森洋史の作品を販売いたします。

※画像はイメージとなり、実際の共同保有作品のビジュアルは後日解禁予定です。

 

今回の販売に際し、共同保有オーナーとなる先着30名の方に「プリント作品が届く」新優待の提供決定をお知らせいたします。また、今回共同保有の対象となる作品は制作済みの作品ではなくANDARTがディレクションし、森洋史が手がける世界で一枚のオリジナル原画で、オーナー権完売後に制作開始される新しい取り組みとなります。

 

■ANDARTとは

ANDART(アンドアート)は、高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から共同保有できる日本初の会員権プラットフォームです。”作品オーナー(会員権購入者)”は同伴者との贅沢な鑑賞機会を得られたり、デジタル証明書を通して自分の名前が作品と共に刻まれ、オンライン上でコレクションを楽しんだりなど「オーナー」というこれまでと違う立場で気軽にアートコレクター体験ができます。さらに、今後は会員間オーナー権取引の機能をリリース予定です。ANDARTでは2019年6月のβ版リリース以降8作品の販売を行い、会員数は4,000名を突破、合計取扱高は累計1.2億円を突破いたしました。

サービスURL :https://and-art.jp/
公式Twitter  :https://twitter.com/ANDART_official
公式instagram:https://www.instagram.com/andart__official/

本作限定特別優待のご紹介

特別優待①
自宅に飾れる!原画と同ビジュアルの30部限定プリント作品をご自宅にお届け。

※上記画像はお届け予定のプリント作品のイメージ画像です。サイズ、規格は同じですが額内のプリント作品は今回の共同保有作品(原画)と同じビジュアルに変更されます。

今回は8万円分のオーナー権購入を条件に追加費用無しで原画と同ビジュアルのプリント作品をご自宅にお届けします。本プリント作品(作家サインおよびエディションNo.つき)は額装つきでご自宅にお届けいたしますので、すぐご自宅の壁にかけて頂くことも可能です。限定30部の制作となり、作品下に記載のあるエディションナンバー(※1)はご注文順に割り当てられます。初回販売時にお贈りしたプリント作品は、永久にご返却いただくことなくご自宅などでお楽しみいただけます。
※こちらのプリント作品は、初回の販売でオーナー権を購入頂いた方のみへの限定特典となります。オーナー間での取引機能(2020年夏リリース予定)を通してオーナー権を後日お求めいただいた新オーナーには本特典はなく通常の優待内容のご提供となります。

 

特別優待②
作家からの特別動画をオーナーへ限定公開

これから制作される受注作品のため、制作の過程や想いに迫ることができるのも本作のオーナーになることの魅力のひとつ。今回は特別に、作家の言葉を通じた制作過程の紹介や、本作の制作にかける想いを伺う特別インタビュー動画を撮影のうえ、オーナーの皆様に限定公開いたします。

特別優待③
作家との交流機会

年内開催予定の当社主催の共同保有作品ビューイングイベントにおいて、森洋史氏ご本人にも参加いただけることが決定いたしました。現代アートの魅力の一つは、同じ時代を生きている作家が、同じ情勢や社会環境の中で感じたことが反映された作品を楽しめることや、作家自身の発する生の言葉を聞く機会があることだとされています。作家自身が何から影響を受けて、どのように感じ、どのように今回の共同保有作品に思いが反映されているのかを伺いながら作品を楽しんでいただけるよう森氏との交流の機会をご用意いたしました。

 

■作家のご紹介

<森洋史プロフィール>
1977年生まれ。2013年東京藝術大学大学院美術研究科油画技法・材料修士課程を修了。⽇本の古典美術やポップアート等の美術史上の名画と、アニメやゲームから引⽤したイメージをリミックスした作品を制作。アニメ調に描かれたキッチュなイメージや、レトロゲームのドット絵を彷彿とさせるイメージの数々は、最新の⼯業テクノロジーを⽤いた独⾃の技法を駆使して制作され、緻密さと⾼い精度によって、特有の質感を持つ作品へと仕上げられる。
シミュレーションアートやアプロプリエーションアートのコンテクストを引用し、既存のイメージを組み合わせて制作することで、鑑賞者が既視感を覚えるとともに、共感や反感など某かの化学反応を起こすことを狙いとしている。1980年代に起こったポップアートのシミュレーション作品を中心に新作を展開する個展「MOSHA」は、銀座 蔦屋書店にて開催中。(新型コロナウイルスの影響により休止していましたが、5月29日(金)~5月30日(土)の2日間のみの再開)

個展「MOSHA」の様子

 

■販売作品のご紹介

詳細な原画(共同保有作品)のモチーフや、販売スケジュールは6月に順次ご案内差し上げます。

<作品および販売に関する情報>
・アーティスト  森洋史(もりひろし)
・制作年     2020年秋予定(オーナー権完売次第、受注制作開始)
・出品元     CCCアートラボ株式会社/銀座 蔦屋書店(森洋史マネジメント担当)
・初回購入価格  80,000円
・販売方式    先着順

作品や販売に関する情報は順次サービスサイト内でご共有してまいりますのでサービスに会員登録(無料)いただき、お待ちください。

▶会員登録はこちらから(無料)
https://and-art.jp/

ANDARTは今回の新しい取り組みを通じて、自宅に飾る事のできる作品というより所有に近い体験や作家との接点など、これまでより更に近い距離でアーティストを応援してファンとして支援できる仕組みも今後も提供してまいります。

※1 エディションとは「限定した部数で版元から販売される版画のこと」を指します。エディションナンバーは、版画作品の総作成部数を分母として、分子の数字はそれぞれに割り振られた限定番号がつきます。