202006.26Fri.

アート共同保有「ANDART」新作を6月29日正午12時より販売開始!~日本が誇る現代美術の巨匠・草間彌生の代表的モチーフ南瓜の貴重なミラーフィルム版画作品~

株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、水玉模様を筆頭としたモチーフで世界中の著名美術館やアートファンから愛され続け、日本を代表する前衛美術家である草間彌生作品のオーナー権を6月29日(月)正午12時より販売開始することを決定しました。
前回の販売作品は10分、前々回も2時間での完売が続いており短時間での完売が想定されます。オーナー権をご購入検討予定の場合、事前に会員登録をお済ませください。

■販売作品のご紹介

草間彌生”南瓜 B”
販売開始:6月29日(月)12時(正午)〜

<作品情報>
・タイトル    南瓜 B
・アーティスト  草間彌生(くさまやよい)
・制作年     2000年
・出品元     Private Collection(来歴:たけだ美術、Private Collection)

<販売情報>
・購入価格    10,000円~
・販売方式    先着順
・販売ページ   https://and-art.jp/works/11
※作家や作品に関する詳細情報はサービスページ内にて提供しております。
無料会員登録でアートオークション市場における落札実績データもご覧頂けます。

<草間彌生プロフィール>
1929年生まれ。水玉模様やカボチャのモチーフで知られる現代日本を代表するアーティストの1人。10歳の頃より幻視のイメージから来る水玉模様などの絵画を描き始め、1957年に単身渡米。巨大な平面作品、ソフト・スカルプチュアなどを発表し、1960年代ニューヨークのアートシーンで重要な役割を果たす。1973年に帰国後、小説や詩集も手がけながら作品制作を続け、1993年ヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として参加。2011~12年に開催された大規模な回顧展『YAYOI KUSAMA』がテート・モダン、ホイットニー美術館などを巡回し、国際的評価を決定的なものにする。2014年にはイギリスの専門誌『THE ART NEWSPAPER』が毎年発表する「世界で最も多くの観客を集めたアーティスト」に選定され、2016年にはアメリカの『TIME』誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。合わせてオークション市場での落札価格も高騰し、2019年には《Interminable net #4》が約795万ドル(約8億7,500万円)で落札されオークションレコードを更新。90歳を超える今も現役で活動を続けている日本を代表する女性作家。

<作品解説>
草間彌生といえば日本人の多くが思い浮かべる南瓜作品や水玉模様。そのどちらの要素も兼ね備えた本作は王道の草間彌生らしさを詰め込んだ一作。草間の代名詞でもある水玉模様は幼少期の内面的なイメージと深い関連性があると本人が語っており、自らに迫りくる幻覚の苦しみをポップな芸術表現に転換したところに草間の唯一無二の創造性が感じられる。本作は、草間の版画作品の出版に携わった銀座たけだ美術より個人コレクターが直接購入した後に丁重に保管されていたため保存状態も大変良い。また、複数種類ある南瓜の版画作品の中でも作品のベースがミラーフィルムでシルクスクリーンの魅力を際立たせており、技法的にも珍しく貴重な一作。

■1万円分のオーナー権購入からお楽しみ頂ける優待

ANDARTでは保有するオーナー権の枠数に応じて異なる優待が提供されます。全オーナーに提供される優待の一例として、『デジタル証明書』の発行がございます。保有する作品とともに、ご自身で設定したお名前を表示することのできるデジタルオーナー証明書は、作品のオーナーであることを証明する機能です。SNSでもシェアすることが可能で、当サービスの会員以外の方へもご自身が共同保有しているアート作品を見ていただくことができます。

■注文方法

ANDART(https://and-art.jp/)へ会員登録後、サービスページ内でご購入いただけます。
①ANDARTにログイン
②注文したい作品の作品ページ内でオーナー権の購入数量を選択
③お支払い方法(クレジットカードまたは銀行振込)を選択
④購入内容と支払金額を最終確認して注文を確定
⑤お支払い完了後、オーナー確定