202009.04Fri.

現代アート会員権サービス「ANDART」9月販売2作品を発表!世界で評価急騰中のロッカクアヤコ作品が9月7日正午12時より販売開始!~世界で活躍する日本人アップカミングアーティスト2名の代表作~

現代アート会員権サービス「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、9月の販売作品として、世界で活躍する日本人アップカミングアーティストの2名の作品を取り扱うことを決定いたしました。

指から直接描かれるカラフルな色彩で世界を魅了する若手女性アーティスト・ロッカクアヤコの作品オーナー権を9月7日(月)正午12時より、ストリートカルチャーと独自の色彩感覚を織り交ぜた作風が広い世代に支持される新世代アーティスト・山口歴の作品オーナー権を9月16日(月)正午12時より販売開始いたします。

■取扱作品のご紹介①

ロッカクアヤコ “Untitled”
販売開始:9月7日(月)12時(正午)〜

<作品情報>
・タイトル    Untitled
・アーティスト  ロッカクアヤコ
・制作年     2007年
・出品元     Private Collection

<販売情報>
・購入価格    10,000円~
・販売方式    先着順
・販売ページ   https://and-art.jp/works/17
※作家や作品に関する詳細情報はサービスページ内にて提供しております。
無料会員登録でアートオークション市場における落札実績データもご覧頂けます。

<ロッカクアヤコ プロフィール>
1982年千葉県生まれ。
グラフィックデザインの専門学校でイラストレーションを学んで卒業後、路上での創作活動を始めて独学で描き始める。村上隆主催の現代美術の祭典『GEISAI#4』にて2003年にスカウト賞を受賞してから注目を集め、その後2006年に世界最高峰のアートフェアであるスイスのアート・バーゼル出展時に行ったライブペインティングでは100枚以上を売り上げたことからヨーロッパでの知名度も上がった。現在はベルリン、ポルト、アムステルダム、東京を拠点に活動して、世界各地のアートフェアに出展を重ねつつ国内外での個展実績を持つ。
瞳の大きな少女のモチーフとカラフルな色彩の作風が国内外で人気を誇っている。近年はオークション市場での人気も高く、想定落札価格を大きく超える結果を出し続け、2019年のArtprice社発表レポートでは、2017年から2018年にかけてのオークション落札実績の成長を元に作成した「女性アーティスト急上昇ランキング」において世界11位を記録。所属ギャラリーはGallery TARGET(日本)、Gallery Delaive(オランダ)。

■取扱作品のご紹介②

山口歴 “REVISUALIZE NO.7”
販売開始:9月14日(月)12時(正午)〜

<作品情報>
・タイトル    REVISUALIZE NO.7
・アーティスト  山口歴(やまぐちめぐる)
・制作年     2020年
・出品元     西武渋谷店
※作品詳細および作品ページはサービス内で追って公開されます。

<山口歴 プロフィール>
1984年、東京都渋谷区生まれ。
固定のギャラリーには所属せず、ニューヨークを拠点に活動。多色の絵具の筆跡を貼り合わせる「カット&ペースト」という独自の手法と、類稀なる色彩感覚で急速に頭角を表している現代アーティスト。ストリートカルチャーと独自の色彩感覚を織り交ぜた作風が広い世代に支持されている。イッセイ・ミヤケやNIKE、UNIQLOといった大手ブランドとコラボし、街中で目にする機会も増えてきている。SOGO HONGKONGの30周年記念アーティストに選出され​30​m ​のビルボードを飾ったほか、ニューヨークでの​NIKE​​と​​NFL​とのスペシャルプロジェクトで作品を展示、rag & boneニューヨークのアート壁画、東京​ ​HHHギャラリーやセゾンアートギャラリーでの個展など国際的にも活躍の場を広げている。2020年に西武渋谷店にて開催された展覧会 ”Meguru Yamaguchi” -HIGHER SELF-” では、最新作約20点のほか、今まで手がけたコラボレーションプロダクトも展示され、大盛況に幕を閉じた。