202009.30Wed.

現代アート会員権サービス「ANDART」、デジタル上で本格アートコレクションを楽しめる”マイコレクション機能”をリリース~自分でカスタマイズできる!デジタル空間でアート展示~

現代アート会員権サービス「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松園詩織)は、デジタル上でオリジナルなアートコレクションを展示、シェア投稿ができるマイコレクション機能をリリースしたことをお知らせします。サービス内でオーナー権(会員権)を購入し、オーナーとなった作品の中から自分でセレクトすることができます。

■コレクションもデジタルの時代へ

コレクターにとって、展示場所が限られることは最大の課題…。
デジタル化によってスペースや空間との調和を気にせず、気軽にコレクションを楽しめる。

海外と比べても一般的な住居スペース内に壁の余白が少ない日本。
気に入った作品と出会っても飾るスペースがなく購入を断念したり、定期的に作品を入れ替えながら倉庫保管によってコストも手間もかかることは、アートコレクションにおいて長年の命題でした。イノベーションが起きづらかったアート界でも、アフターコロナに向けデジタルの活用が多く見られ、リアルとデジタルの融合や変換は加速していくとみられています。
ANDARTでは作品オーナーに対し、定期のリアルな鑑賞体験提供のみならず、日常的に眺め、マイコレクションとしてセレクトした複数作品をシェア投稿までできるデジタルコレクション機能を通して、アートとの気軽なアクセス権となることを目指しています。

 

■マイコレクション利用方法

①メニュー内「マイアート」より「マイコレクション」を選択

②お気に入りの作品をセレクト
「作品を変更」ボタンから展示したい作品を選んでください。初期状態は保有している作品の中からランダムに最大3作品が展示されています。

③シェア投稿
SNSを通じてコレクションを知人・友人にシェアしてみましょう。

今後も、アートをコレクションする楽しみをオンライン上でも感じて頂けるよう、機能を追加・改善のうえ、アートと人と社会の新しい関係性をアップデートする提案をしてまいります。