202109.13Mon.

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」が2.8億円の資金調達を実施。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」を運営する株式会社ANDART(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:松園詩織)は、ユナイテッド株式会社、GMOインターネット株式会社、franky株式会社代表取締役の赤坂優氏、ビジョナル株式会社取締役CTOの竹内真氏を引受先とする第三者割当増資ならびに日本政策金融公庫等の融資含めて、総額2.8億円の資金調達を実施しました。更なる事業加速と組織拡大に向けた経営体制の強化のため、各事業・対応領域におけるコアメンバーの採用へ調達資金を活用していく予定です。

  • アート購入をカルチャーに。ANDARTの資金調達背景と展望

コロナ禍でも、アート市場は拡大し続けています。複数の海外大手オークションの2021年上半期の売上はコロナ前を超えており(注1)、2020年度の世界の美術品のオンライン売上高は2019年度の約2倍の過去最高を記録しています(注2)。また近年NFTアートも盛り上がりを見せ、所有という概念のアップデートや、アートそのものの定義、そして楽しみ方の多様化は時代のキーワードとなっていくと考えています。

当社は「テクノロジーでアートと社会を結び、拓く」をビジョンに掲げ、複数事業を運営しています。2019年9月にローンチした日本初・アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」の会員数は2021年6月に10,000人を突破。過去アート購入の経験が全くないユーザー65.4%のうち、半数以上がサービス上で2作品以上のアートをコレクションしている(2021年3月 当社調べ)など、これまで価格や知識面に高いハードルを感じていたユーザーが、新たにアートの購入体験をしていることが分かります。また、サービス利用をきっかけにアートへの興味関心がより深まり、自宅に実物作品を購入するなど個人におけるアートへの関与度が高くなったという声も多数いただいております。

また、コロナ禍で住空間へのニーズが高まり生まれた、アートのオンラインストア「YOUANDART」も今年6月に1周年を迎え、作品点数は約500点を突破いたしました。

ANDART社はこれからもアート購入のカルチャーの創出やニュースタンダードを社会に提案していきます。今回は、海外展開を含めた更なる事業加速と経営体制の強化、各事業・対応領域におけるコアメンバーの採用(URL: https://recruit.jobcan.jp/andart/ )に向けて資金調達を実施いたしました。

注1:
「Phillips Soars: Spring 2021 Auction Results」 https://www.phillips.com/article/71126979/spring-2021-auction-results
「CHRISTIE’S SALES TOTAL £2.5B / $3.5 B IN FIRST HALF 2021 Second Best Total in the Last 6 Years」https://www.christies.com/about-us/press-archive/details?PressReleaseID=10151&lid=1 

注2: オンラインでの売上高は過去最高の124億ドル、2019年の約2倍に増加。
「The Art Basel and UBS Global Art Market Report 2021 『Figure 5.1  The Online Art and Antiques Market 2013–2020』」https://www.artbasel.com/about/initiatives/the-art-market

  • 事業概要

株式会社ANDARTは2018年の9月に設立した「テクノロジーで、アートと社会を結び、拓く。」をミッションに掲げるアートテックカンパニーです。現在は「ANDART」と「YOUANDART」の2つの事業を運営しております。

ANDARTについて
ANDART(アンドアート)は、これまで手が届きづらかった高額な有名アート作品や大型作品でも1万円から購入/売買ができる、日本初、アート作品の共同保有プラットフォームです。2019年のリリース以来33作品の販売を行い、会員数は10,000名を突破。オーナー権を購入した作品オーナーには、オンライン上でのコレクションをはじめ、実物作品の鑑賞機会など様々な優待をご提供。また、会員間取引機能ではオーナー権の売買が可能(β版)。

日本初、アート作品の共同保有プラットフォーム「ANDART」:
https://and-art.jp/

YOUANDARTについて
YOUANDART(ユーアンドアート)は、手に届く価格から本格アート作品を提供するオンラインストアです。空間にフィットしながら個性を放つ作品を国内外より厳選。入手困難な人気作品を含め、作品点数は約500点を突破。

たからものを持とう。どうぞ、アートと生きる毎日へ。「YOUANDART」:
https://buy.and-art.co.jp/

  • 資金調達の概要

<第三者割当増資>
ユナイテッド株式会社、GMOインターネット株式会社、franky株式会社代表取締役の赤坂優氏、ビジョナル株式会社取締役CTOの竹内真氏

<融資>
日本政策金融公庫、りそな銀行

  • 各投資家からのコメント

榎本吉兼氏 ベンチャーユナイテッド株式会社 取締役

アート作品に強く関心を持つ人々は世代を超えて多数存在する一方で、作品が高額であることや、作品の適切な保管場所が確保できないこと等の事情により、その中でアート作品の購買まで至っている方は、依然限定的な状況と理解しております。

ANDARTは、著名なアート作品をデジタル上で分割し、複数の人が保有することを可能にするサービスで、上述のような課題を解決し、よりたくさんの人がアート作品に深く関わる機会を創出する革新的な事業と考え、出資させていただくことといたしました。

今回の調達資金を以てサービスの価値をより向上させると同時に、ANDARTに関わっていただく、より多くの作品、ユーザーの方達を集め、さらなる事業拡大を実現していただくことを期待しております。

熊谷正寿氏 GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表

テクノロジーと新しい手法でアートを身近にし、多くの「笑顔」「感動」を創造されようとする松園さん、ANDARTの志と行動を応援したく、出資いたしました。一層のご活躍を心から期待しております。

赤坂優氏 franky株式会社 代表取締役

実は事業を始める前の松園社長にお会いしたことがあったのですが、その時から驚くほど実績を積み上げ、事業の将来像の解像度も上がった姿を見て今回出資をさせて頂きました。私自身も現代アートが好きで趣味で収集を行なっていますが、ANDART社の提供する共同保有サービスを通じて、より多くの人がアートに触れる機会を作れると信じています。

竹内 真氏 ビジョナル株式会社 取締役CTO

新型コロナ感染症の流行の影響によりステイホームが広がった日本では、自宅を彩るための市場が活性化し、アート市場全体も活性化しました。近年ではデジタルアートのNFT化の波もあり、物理的な所有ではない資産の持ち方や楽しみ方に対する理解とマーケットの拡大を肌で感じています。

ANDART社は以前よりその世界観の流行を先読みし、投資し続けた第一人者的なベンチャー企業であり、今後の更なる発展を期待し、今回株主として参加させていただきました。今後は技術的な後押しも含め、継続的な事業成長に貢献していきたいと思います。